住宅宿泊事業法(民泊新法)、特区民泊、旅館業法 

届出代行サービス

全国1,000施設以上の運営実績をもつ弊社顧問行政書士が、

住宅宿泊事業法、特区民泊・旅館業法に係る届出を完全代行いたします。

お問い合わせはこちら

安心・安全の宿泊事業
サポート体制

なぜ営業許可・届出が必要か

住宅宿泊事業法(民泊新法)は、2018年6月15日に施行(2018年3月15日届出スタート)される、「住宅」を宿泊施設として運営することが可能となる法律です。民泊新法の施行後は、民泊ホストは都道府県知事(保健所設置市はその首長)に対して「届出」をすることで、旅館業法の許認可がなくとも「住宅宿泊事業」、つまり民泊を運営することが可能となります。自治体ごとに条例で制限がかけられることがありますが、今まで宿泊施設が認められなかったエリアでの運営が可能です。きちんとした選定・運用を行えば、概して収益性の高い宿泊施設投資ですが、それは一般的な「不動産投資」とは異なり、様々なリスクをはらんだ「事業投資」であるからです。

投資対象として考えるためには、中長期的な運用プランを事前に立て、適切な営業許可をとることが必須となります。
一方で各自治体の規定が出揃わないなか、行政窓口に確認したうえで実際の届出業務を個人で行うことはなかなか困難です。是非とも当社でサポートさせていただければ幸いです。

SQUEEZE で申請するメリット

SQUEEZEでは、営業許可取得前には、収益シミュレーションや物件選定に関するコンサル、
許可取得後には運用サポートやマーケティング支援も実施するトータルサポート行っております。
 

営業許可取得前

物件選定コンサルティング

SQUEEZEが有する、これまでの運用サポートデータから、物件選定に役立つ収益シミュレーションやコンサルティングを提供します。

営業許可取得後

宿泊事業のマーケティング支援

住宅宿泊事業法取得後のマーケティング支援やコンサルティングを行います。 「許可を取得したものの、思うように物件が稼働しない、予約が入らない」といったお悩みを解消します。

清掃や宿泊者様のサポートもお任せ

全国で1,000件以上の施設をサポートしてきたSQUEEZEを通じて申請すれば、民泊運用開始後も安心。 清掃やメール・電話における多言語ゲスト対応もご心配いりません。

運用開始後に困ったことがあれば
専門家にいつでも相談可能

SQUEEZEが運用開始後もサポートします。 何かお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

宿泊施設営業許可の
取得事例

SQUEEZE で、国家戦略特区の営業許可を取得された事例をご紹介します。

物件タイプ:
一軒家 (3LDK)

場所:
東京都大田区

一泊平均:
25,000円〜

SQUEEZEに依頼した理由:
活用できていない不動産があり、賃貸にするか民泊にどうすべきか悩んでいたところSQUEEZEのサービスを見つけ、民泊営業を検討し始めました。結果、家賃相場の約2倍で運用することが出来ています。

物件タイプ:
アパートメントスタイル スマートホテル
(ホテル名 Minn:ミン)

場所:
大阪府大阪市

一泊平均:
11,000円〜

SQUEEZEに依頼した理由:
従来商業ビルとして運用していたが、テナントが埋まらないという課題を抱えていたところ、SQUEEZEがホテルとして運営することを提案。42室という小規模ホテル運用を実施し、従来培ってきた「民泊」の運用代行ノウハウやナレッジを提供。
現在の稼働率は90%以上達成している。

シミュレーションのご提供

SQUEEZEでは、毎月の収益予測から、詳しい運営プランまでご提供します。
現在ご検討中の物件に関してまずはご相談ください。

当社SQUEEZE(スクイーズ)はこれまで、ホテル・簡易宿泊所・民泊を含む1,000以上の施設をサポートしてきた業界トップ企業です。弊社顧問行政書士が、適法に民泊事業を行うための行政手続き支援サービスを提供いたします。
 
 また、宿泊施設の物件選定や企画段階であっても、旅館業法だけでなく各自治体の条例や、建築基準法、消防法といった様々な法令面の確認のみならず、運営面で重視される予想収益シミュレーションも行います。その際には、弊社のデータベースを参照した、収益性の高い立地、物件の選定に関するご相談や、実際に簡易宿所の許可を得た事例等の共有も可能です。実際の運営段階、営業許可取得後の運営時、いつの段階でもご相談いただければ、SQUEEZEの宿泊管理システム(mister suite)・クラウドソーシングサービスを活用した売上変動業務委託型、もしくはマスターリース型運用のご提案もさせていただきます。

当社:SQUEEZE(スクイーズ)はこれまで、ホテル・簡易宿泊所・民泊を含む1,000以上の施設をサポートしてきた業界トップ企業です。弊社顧問行政書士が、適法に民泊事業を行うための行政手続き支援サービスを提供
いたします。
 
 また、宿泊施設の物件選定や企画段階であっても、旅館業法だけでなく各自治体の条例や、建築基準法、消防法といった様々な法令面の確認のみならず、運営面で重視される予想収益シミュレーションも行います。
その際には、弊社のデータベースを参照した、収益性の高い立地、物件の選定に関するご相談や、実際に簡易宿所の許可を得た事例等の共有も可能です。
実際の運営段階、営業許可取得後の運営時、いつの段階でもご相談いただければ、SQUEEZEの宿泊管理システム(mister suite)・クラウドソーシングサービスを活用した売上変動業務委託型、もしくはマスターリース型運用のご提案もさせていただきます。

物件タイプ:
一軒家 (2LDK)

場所:
京都市

一泊平均:
22,000円〜

SQUEEZEに依頼した理由:
宿泊事業を始めるために物件の取得を検討していましたが、どの地域でどのような規模の物件であれば収益があがるのか分からず、悩んでいたところ、SQUEEZEのサービスに出会い、すぐにコンサルティングを頼みました。400件以上をサポートされていらっしゃるご経験から、適切なアドバイスをもらうことが出来ました。


住宅宿泊事業法(民泊新法)
特区民泊、旅館業法 
届出代行サービス

全国1,000施設以上の運営実績をもつ弊社顧問行政書士が、住宅宿泊事業法、特区民泊・旅館業法に係る届出を完全代行いたします。

お問い合わせはこちら

安心・安全の宿泊事業
サポート体制

当社SQUEEZE(スクイーズ)はこれまで、ホテル・簡易宿泊所・民泊を含む1,000以上の施設をサポートしてきた業界トップ企業です。弊社顧問行政書士が、適法に民泊事業を行うための行政手続き支援サービスを提供いたします。
 
 また、宿泊施設の物件選定や企画段階であっても、旅館業法だけでなく各自治体の条例や、建築基準法、消防法といった様々な法令面の確認のみならず、運営面で重視される予想収益シミュレーションも行います。
その際には、弊社のデータベースを参照した、収益性の高い立地、物件の選定に関するご相談や、実際に簡易宿所の許可を得た事例等の共有も可能です。
実際の運営段階、営業許可取得後の運営時、いつの段階でもご相談いただければ、SQUEEZEの宿泊管理システム(mister suite)・クラウドソーシングサービスを活用した売上変動業務委託型、もしくはマスターリース型運用のご提案もさせていただきます。

なぜ営業許可が必要か

住宅宿泊事業法(民泊新法)は、2018年6月15日に施行(2018年3月15日届出スタート)される、「住宅」を宿泊施設として運営することが可能となる法律です。民泊新法の施行後は、民泊ホストは都道府県知事(保健所設置市はその首長)に対して「届出」をすることで、旅館業法の許認可がなくとも「住宅宿泊事業」、つまり民泊を運営することが可能となります。自治体ごとに条例で制限がかけられることがありますが、今まで宿泊施設が認められなかったエリアでの運営が可能です。きちんとした選定・運用を行えば、概して収益性の高い宿泊施設投資ですが、それは一般的な「不動産投資」とは異なり、様々なリスクをはらんだ「事業投資」であるからです。

投資対象として考えるためには、中長期的な運用プランを事前に立て、適切な営業許可をとることが必須となります。
一方で各自治体の規定が出揃わないなか、行政窓口に確認したうえで実際の届出業務を個人で行うことはなかなか困難です。是非とも弊社でサポートさせていただければ幸いです。

SQUEEZE で申請するメリット

SQUEEZEでは、営業許可取得前には、収益シミュレーションや物件選定に関するコンサル、許可取得後には運用サポートやマーケティング支援も実施するトータルサポート行っております。
 

営業許可取得前

物件選定コンサルティング

SQUEEZEが有する、これまでの運用サポートデータから、物件選定に役立つ収益シミュレーションやコンサルティングを提供します。

営業許可取得後

宿泊事業のマーケティング支援

住宅宿泊事業法取得後のマーケティング支援やコンサルティングを行います。 「許可を取得したものの、思うように物件が稼働しない、予約が入らない」といったお悩みを解消します。

清掃や宿泊者様のサポートもお任せ

全国で1,000件以上の施設をサポートしてきたSQUEEZEを通じて申請すれば、民泊運用開始後も安心。 清掃やメール・電話における多言語ゲスト対応もご心配いりません。

運用開始後に困ったことがあれば
専門家にいつでも相談可能

SQUEEZEが運用開始後もサポートします。 何かお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

宿泊施設営業許可の
取得事例

SQUEEZE で、簡易宿所の営業許可を取得された事例をご紹介します。
物件タイプ:一軒家 (3LDK)
場所:千葉県長生郡
一泊平均:18,000円〜
SQUEEZEに依頼した理由:
活用できていない不動産があり、どうすべきか悩んでいたところmister suiteのサービスを見つけ、宿泊施設営業を検討し始めました。申請準備段階では、実際に行政書士の方とお会いする中で、豊富なご経験と信頼感があり、安心してお任せすることが出来ました。

物件タイプ:一軒家 (1LDK)
場所:西軽井沢
一泊平均:24,000円〜
SQUEEZEに依頼した理由:
社内で新規事業として宿泊事業が検討されていました。それまで宿泊事業の経験がないことから、SQUEEZEの運用実績に基づいたプランニングとアドバイスが非常に魅力的だったので、お願いしました。

物件タイプ:一軒家 (2LDK)
場所:京都市
一泊平均:22,000円〜
SQUEEZEに依頼した理由:
宿泊事業を始めるために物件の取得を検討していましたが、どの地域でどのような規模の物件であれば収益があがるのか分からず、悩んでいたところ、SQUEEZEのサービスに出会い、すぐにコンサルティングを頼みました。400件以上をサポートされていらっしゃるご経験から、適切なアドバイスをもらうことが出来ました。

お問い合わせはこちら

無料シミュレーションのご提供

SQUEEZEでは、毎月の収益予測から、詳しい運営プランまで全て無料でご提供します。現在ご検討中の物件に関してまずはご相談ください。

お問い合わせはこちら

SQUEEZE

会社概要

サービス

Minn

SQUEEZE が自社運営するスマートホテルの事例をご紹介いたします。

SQUEEZE が自社運営するスマートホテルの事例をご紹介いたします。

物件タイプ:
アパートメントスタイル スマートホテル

場所:
大阪府大阪市

一泊平均:
11,000円〜

SQUEEZEに依頼した理由:
従来商業ビルとして運用していたが、テナントが埋まらないという課題を抱えていたところ、SQUEEZEがホテルとして運営することを提案。42室という小規模ホテル運用を実施し、従来培ってきた「民泊」の運用代行ノウハウやナレッジを提供。
現在の稼働率は90%以上達成している。

SQUEEZE で、簡易宿所の営業許可を取得された事例をご紹介します。
物件タイプ:一軒家 (3LDK)
場所:千葉県長生郡
一泊平均:18,000円〜
SQUEEZEに依頼した理由:
活用できていない不動産があり、どうすべきか悩んでいたところmister suiteのサービスを見つけ、宿泊施設営業を検討し始めました。申請準備段階では、実際に行政書士の方とお会いする中で、豊富なご経験と信頼感があり、安心してお任せすることが出来ました。

SQUEEZE で、国家戦略特区の営業許可を取得された事例をご紹介します。

物件タイプ:
一軒家 (3LDK)

場所:
東京都大田区

一泊平均:
25,000円〜

SQUEEZEに依頼した理由:
活用できていない不動産があり、賃貸にするか民泊にどうすべきか悩んでいたところSQUEEZEのサービスを見つけ、民泊営業を検討し始めました。結果、家賃相場の約2倍で運用することが出来ています。

SQUEEZE

届出代行サービス

各種必要な営業許可申請に対して為のサービスをご用意いたしました。
ウェブ上からサービス申し込みを行っていただく事で、行政手続きにかかるお客様の負担を軽減します。

【こんな方におすすめ】
・法人で申請を行う場合
・書類の収集や、フォームに情報を入力する時間がない方
・複数の物件で民泊事業を行う方

(同一の建物内で複数の届出を行う場合、割引サービスもご用意しております。)

【取得を代行する書類】
・登記されていないことの証明書

・本籍地発行の身分証明書
・民泊を行う建物の登記

・会社の登記(法人が申請を行う場合)

消防の適合については、お客様で実施いただく形です。
    消防設備に関しては要件により、別途費用が発生いたします。


1部屋につき、1届出が必要です

フォームの入力・書類の収集(下記)をSQUEEZE所属の行政書士がサポートするコースです。
(※1部屋につき、1届出が必要となります。)

88,000円(税別)

 事業者様向け 

 SQUEEZE ワンストップ代行サービス

お問い合わせはこちら

住宅宿泊「事業者」届出代行

 SQUEEZE ワンストップ代行サービス

 SQUEEZE プレミアムプラン

88,000円(税別)

1届出

フォームの入力・書類の収集(下記)をSQUEEZE所属の行政書士がサポートするコースです。
(※1部屋につき、1届出が必要となります。)

【こんな方におすすめ】
・法人で申請を行う場合
・書類の収集や、フォームに情報を入力する時間がない方
・複数の物件で民泊事業を行う方(同一の建物内で複数の届出を行う場合、

 割引サービスもご用意しております。)

【取得を代行する書類】

・登記されていないことの証明書
・本籍地発行の身分証明書
・民泊を行う建物の登記

・会社の登記(法人が申請を行う場合)

お問い合わせはこちら

住宅宿泊「事業者」様向け

届出代行
SQUEEZE ワンストップ代行サービス

各種必要な営業許可申請に対して様々なプランをご用意しております。
ウェブ上からサービス申し込みを行っていただく事で、行政手続きにかかるお客様の負担を軽減します。

 SQUEEZE スタンダードプラン

住宅宿泊事業 届出代行

宅建業免許を取得されている事業者様に関しては、156,000円(税別)(※登録免許税90,000円含む)にてご提供をさせて頂きます。

200,000円(税別)

登録免許税90,000円含む

お問い合わせはこちら

管理業様向け 

 SQUEEZE ワンストップ代行サービス

【こんな方におすすめ】
・法人で管理業の申請を行う場合
・書類の収集や、フォームに情報を入力する時間がない方
・家主不在型で、今後民泊運営の管理業を実施していきたい方

【管理業登録する流れ】
1:必要添付書類をお伝えしますので、ご用意いただきます

2:ヒアリング事項をメールにて送らせていただきます
3:お振込み確認後、登録申請

4:2〜4週間程度で管理業者番号が付与されます

家主不在型での運用の場合には、「住宅宿泊管理業」の登録を済ませた管理業者に   委託をする必要があります。また、家主居住型であっても、6室以上展開される場合には、同様に「住宅宿泊管理業」の登録を済ませた管理業者に委託をする必要があります。


住宅宿泊「管理業」届出代行

 SQUEEZE プレミアムプラン

200,000円(税別)

宅建業免許を取得されている事業者様に関しては、156,000円(税別)(※登録免許税90,000円含む)にてご提供をさせて頂きます。

【こんな方におすすめ】
・法人で管理業の申請を行う場合
・書類の収集や、フォームに情報を入力する時間がない方
・家主不在型で、今後民泊運営の管理業を実施していきたい方

【管理業登録する流れ】
1:必要添付書類をお伝えしますので、ご用意いただきます

2:ヒアリング事項をメールにて送らせていただきます
3:お振込み確認後、登録申請

4:2〜4週間程度で管理業者番号が付与されます

家主不在型での運用の場合には、「住宅宿泊管理業」の登録を済ませた管理業者に委託をする必要があります。また、家主居住型であっても、6室以上展開される場合には、同様に「住宅宿泊管理業」の登録を済ませた管理業者に委託をする必要があります。


住宅宿泊「管理業」様向け

お問い合わせはこちら

登録免許税90,000円含む

 SQUEEZE スタンダードプラン

住宅宿泊管理業 届出代行